アプリ 未来

最強!?カンニング用アプリ

更新日:

公式や展開を暗記しなくてよくなるぜ!

理系クラスタ狂喜!微積・極限値とグラフを『手書きから自動計算』するAIアプリが常軌を逸してる

サービスのURLはこちら↓

mathpix

個人的に学生時代、一番楽しい勉強は数学と世界史だったのですが、自分なりに共通項を考えると論理とArtsでした。

世界史の場合は日本史とくらべて登場国が豊富でイデオロギーの変化つまり論理とArtsの変化もダイナミックなため学ぶときのとっつきやすさがありました。

数学の場合は展開によって導き出していく過程すなわち論理、そしてその解がシンプルな一般化されていく、そのギャップが美しい点に惹かれました。

ただ、数学に関してはテストで点数取るのは世界史以上に暗記と作業じゃないか?という自分の中の反抗心が芽生え、それであればストーリーを元に論理だけでなく人間感情も学べる文系に進みました。

結局暗記なんですがね、自分が点数を取れそうなのはストーリーがセットになってる方でしたという意味です。

だから、文系か理系かって分け方あまり意味ないのでしょうね。

僕の代替案は「論理」と「人間感情」の分け方で、ただこれはどちらもやるべきという結論になりますね。

で話がもどりますが、こういったツールがあれば数学においても展開する技術は重視されなくなりその背景にあるストーリーや意味を理解すること、そしてすすんで問いを立てることが重要という話になるはずで、今の子達への教育は新たな次元に進んでいくなぁ。

て書き連ねたあとですが、どうやら英語で文系と理系とは下記のようでして。

  • 文系:Bachelor of Arts
  • 理系:Bachelor of Science

Artsと論理が好きってことは要するにどっちも好きってことなんでしょうねw

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-アプリ, 未来

Copyright© futurevaluecreation , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.