マーケティング 未来

通勤を快適にする『カバンのスリム化』のためのポイントとオススメグッズ

更新日:

皆さん、通勤いかがですか??

家賃高いのを避けて郊外に住む! ですとか、

職住近接だけどあえて一駅歩く!ですとか、

結婚して子育てのために郊外に!とか、

そんな方も多いのではないでしょうか?

 
 

僕は結婚して子供が生まれたのを機に、

ドアツードアで通勤1時間10分の住まいに引越しました。

内徒歩が20分で電車が乗り換え1回で50分程度。

中にはもっと長い時間を掛けている人もいるでしょう。

 
 

さて、徒歩時間が伸びたり、

電車内の時間が長くなってみたり、

あるいはときどき保育園の送り迎えがあったりすると

いかに荷物をコンパクトにまとめて両手をあけて

ラクに行動できるようにするかが、文字通り死活問題です。

 
 

そこで、通勤を10Lのリュックサックに収めて、

極限までスリム化してみることにしました。

記録を含めて、活用しているギアのご紹介です。

 
 

◆まずは、カバン選び

かつてはデカ目の革製ブリーフケースこんな感じをおおよそ10年間使ってました。
とても気に入っていましたし使い勝手もとてもよく、
これはメーカーに修理にも出しながら10年間使っていたのがなによりの証拠だと思います。

※そもそも壊れたのは持ちての革部分が革の疲労のため弱まっただけなので製品の質は間違いなかったですし、
ちなみにこのメーカーはメーカー修理がとても良心的で非常にいいメーカーです。別の話なのでこれくらいにw

ただし多少重たいのと肩から斜めがけをしてカラダに負担がかかっていたのは事実でした。

そこで今回は思い切って通勤の快適性を優先し容量を抑え、背負い心地がよく、軽いものという条件で選びました。

ポイントは先にカバンのサイズを決めてしまう事!

こうする事で荷物のコンパクト化を実現せざるを得ない状況にする訳です。

結果選んだのが、コレです。

karrimor AR 10

トレイルランニング用のモデル。

容量はかなり思い切って、10Lにしました。

背負い心地はとてもよく、トレラン用だけあって背中へのフィット感が良好です。

もちろん、軽いです。

しかも容量は絶妙であろう10L。

当然、走れますw

何気にポイントなのは下記5点ですね。

  • ビジネスでも使いやすい黒(差し色のオレンジは許容範囲かなと)。
  • サイドのボトルホルダーに500のペットボトルが収まる。
  • 小物は縦のジッパーに収められ、しかもドローコードがあるのでスリ防止になるかも。
  • 止水ジッパーなので安心。しかも止水の防護ゴムまでついてる!
  • ウエストベルトに小物が収納できる、容量少ないのでメッチャ活用できる。
  • 僕が使っている11インチのMacBook Airが入る!
  • パソコンが入るのがマストですね。

    試していませんがMBAの13インチモデルだとギリギリ入らないかも??

    でも逆に11インチのサイズのパソコンをお使いの方ならば

    むしろ非常に満足度が高いはずです。

    持ち物で、これだけいいところを列挙できるのってとてもうれしいです。

    やっぱアウトドアギアは最高ですね。

    さて、先にカバンを決めましてあとは荷物をどれだけコンパクトに収めるかですよね。

    荷物デトックスに効果的だったのは下記4つです!

     
     

    【1】財布のスリム化
    今までは長財布を使っていました。
    気に入ってこれも6年程度使っていましたがそもそもカバンの表ジッパー小物入れに入らない^^;

    そこで表ジッパー小物入れに入る財布という縛りでたどり着いたのがこの2つでした。

    携帯コインホルダー「コインホーム」 MG-01・オレンジ

    携帯コインホルダー「コインホーム」 MG-01・オレンジ


    握ると小さく手のひらにちょうど収まるくらい。

    携帯コインホルダー「コインホーム」 MG-01・オレンジ


    小銭が5枚ずつ収納可能。

    1枚のみ収納の場合でも意外と、落ちない。

    [ザ リッジ] the RIDGE スマートフォンよりも薄い財布 マネーバンド キャッシュ ストラップ アルミニウム

    [ザ リッジ] the RIDGE スマートフォンよりも薄い財布 マネーバンド キャッシュ ストラップ アルミニウム

    [ザ リッジ] the RIDGE スマートフォンよりも薄い財布 マネーバンド キャッシュ ストラップ アルミニウム

    [ザ リッジ] the RIDGE スマートフォンよりも薄い財布 マネーバンド キャッシュ ストラップ アルミニウム

    お金は3つ折りにするとぴったり収まります。

    この2点の組み合わせに切り替えてみて、金やカードを取り出し、支払うという行為は元の財布のを使った方が断然スムーズ。

    やはり人生30年程度慣れ親しんだ財布からの支払いにはなかなかかなわう、たとえばコンビニでの支払いは財布の方が早いですね。

    とはいえコンパクトになるというメリットと、時間がかかるとはいえ1.5倍くらい、時間にして5秒から10秒くらいを比べると全然許容範囲。

    長財布からくらべると3分の1くらいのサイズになったかと思います。

     
     

    【2】折りたたみ傘のスリム化
    今までは名品であるユニクロの折りたたみ傘を使っていました。

    これも名品でまったく悪くないのですが、

    イトーヨーカドーでたまたま見つけたこの傘がスゴイ。

    BUSINESS EXPERT 紳士軽量タータンチェック柄折りたたみ傘(55cm)

    BUSINESS EXPERT 紳士軽量タータンチェック柄折りたたみ傘(55cm)

    なんと、100g。

    これ、店頭で手に載せた時に衝撃を受けるくらいの軽さです。

    でも広げたときのサイズは直径約97cm。

    ちょっと高いですが、これは全然ありです。

    だって折りたたみはカバンに突っ込んでおけば取られませんし、無くしませんから。

    傘にこれだけテンション上がるのは、これはすごいです。

     
     

    【3】傘の補完アイテム

    はい、2の傘の弱点もあります。それは台風レベルの風に弱いであろうこと。

    まぁそもそも、折りたたみあるいはビニール傘じたい弱いのでこの傘だけの問題ではないはずですが。

    ただ軽さを優先した傘なので、他の傘よりは若干風には弱いかもしれないという不安が心に浮かぶ。

    解決策としては・・・傘をさすのをやめるしかない。

    小学生の頃の国語の教科書で、

    『おじさんのかさ』という落語のような話がありましたが別にそういうことを言いたいわけではなくw

    レインコート・防寒具になるウィンドブレーカーを常備することにしました。

    おなじみの名品、これです。

    UNIQLO ポケッタブルパーカ

    UNIQLO ポケッタブルパーカ

    ポイントは、これは防寒具にもなることですね。

    防雨具というだけなら丈夫な傘を買えばいいじゃないかとなりますが、

    防寒具も兼ねているので容量アップしても効果的だしし、

    傘とあわせ技としても重さが大したことないから重さの点ではメリットが上回ってます。

     
     

    【4】イヤホンのワイヤレス化

    これは軽さや省スペース性にはあまり影響ないかもですが、ただ通勤が快適になるグッズです。

    通勤時間が増え、電車内の時間がふえると満足度が高まりますね。

    QCY Q29 Bluetooth 4.1 ワイヤレスイヤホン 左右分離型 (ダークグレー)

    QCY Q29 Bluetooth 4.1 ワイヤレスイヤホン 左右分離型 (ダークグレー)

    QCY Q29 Bluetooth 4.1 ワイヤレスイヤホン 左右分離型 (ダークグレー)

    スマホとBluetooth接続して音楽を聞くのがメインですが、

    音質はおそらくまずます、僕はマニアじゃないので全く問題ないです。

    音飛びは時々あります、とくにスマホをポケットに入れてしまうと飛びますのでそこは玉に瑕ですね。

    手元で操作していれば音はほぼ飛ばないので、歩きスマホ&イヤホンしながら歩くの防止でむしろいいかなというように前向きに捉えています。

     
     

    【まとめ】

    いかがでしたか?

    実感として、荷物をコンパクトにまとめてしかもリュックにしたことでアクティブに、すぐに走り出せるようになってとても快適です。

    ぜひみなさんの快適通勤ライフのお役に立てば嬉しいです。

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-マーケティング, 未来

Copyright© futurevaluecreation , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.