大阪都構想住民投票が否決

大阪都構想住民投票が否決

一週間前のニュースですが橋下徹大阪市長の肝いり政策の大阪都構想が否決されました。

シルバー世代の反乱

南北格差

という振り返りが上がっていますが、反論もらってなかなか考えさせられます。

さておき、にも角にも住民投票の結果は優先され、都構想は実現しないわけです。

都構想が実現するかどうか?よりも二重行政の無駄を無くせるか?が焦点であるわけでその手段として都構想の是非が問われたという理解です。

でも、結局違うんですよね。
そりゃ大阪市が残って二重行政が解決する手段があるならベストでしょう。

でも今までそれは一切進んでいない。
反対派はのんきですよね。

無駄を省く再設計を誰にやらせるか?を選ぶべきなんですよね。

橋下徹さん以外に、やれる人、やりきれる人、可能性にかけて見れる人はいないと思います。

橋本さんは政治家引退しますね。
反対派は引退は織り込んでなかったのでしょうか。

橋本さん引退後の大阪が良くなるといいですね。